2017年12月27日

スキーが楽しめる六甲山スノーパークは外国人観光客が意外に多い

六甲山スノーパーク_.JPG

六甲山スノーパーク(神戸市灘区)に行ってきました。


スポンサーリンク

 



ここでは、スキーやスノボ、雪遊びを楽しむことができます。
入園料は、大人2,100円、子供1,050円です。

ウェブサイトはこちらです。https://www.rokkosan.com/ski/


スキースノーボードレンタルコーナー_.JPG

六甲山スノーパークでは、ブーツ、スキーウェア、スキー板・ストックやスノーボード、雪ゾリもレンタルすることができます。

スキー&スキーウェアセットのレンタル料金は、4,650円です。雪ゾリは500円でレンタルできます。


六甲山スキー場_.JPG

こちらはスキー場です。この日はナイター営業があり、スノーボードは午後4時から滑ることができました。

六甲山スキー場2_.JPG

スキー場リフト_.JPG

リフトは、12回券が1550円、一日券は3100円(土日祝)です。
ナイターチケットで入場するとリフトは乗り放題です。

六甲山スノーパークには、外国人観光客が大勢訪れていました。

欧米人はほぼ見かけず、東アジア人・東南アジア人をたくさん見かけました。
耳にしたのは、中国語・韓国語、それからたぶんマレー語・・・かな?

スキー場を背景に写真撮影する方がたくさん居ました。
雪を見たのが初めなのか、はしゃいでうれしそうな様子だったり。雪と言っても、こちらは人工なのですが。



スノーランド_.jpg

こちらはちびっこにおすすめのスノーランド。雪遊びや雪ぞりで遊ぶことができます。


スノーランド_雪遊び_.jpg

スノーランド_メニュー_.jpg

スノーランドの中で簡単な軽食も食べることができます。休憩室もあります。



レストランアルペンローゼ_.JPG

こちらはスキー場近くのレストラン・アルペンローゼ。様々なメニューがそろっています。
中はフードコートみたいな感じです。
メニューには豚肉やアルコールを使っていない表示を付けていました。

レストランアルペンローゼメニュー_.JPG


レストランアルペンローゼ_カレー_.JPG

ハラルフードのカレーメニューもありました。


レストランに居ると、お客さんの半分程度が外国人のように感じました。

外国人観光客の皆さんは、スタッフに英語で話しかけていました。
英語接客スキルの重要性を感じましたよ。

六甲山スノーパークは2018年の4月1日までオープン中です。
寒いけど風景もいいし、冬のレジャーにおすすめです。



 

posted by ハナミズキ at 15:26 | 日記